Monthly Archives

1月 2017

シャンパンタワー小話

カテゴリー: その他

はじめに、シャンパンタワーとは・・
グラスをピラミッド状に積み重ね、一番上からシャンパンを注ぎ、順々に溢れて流れ落ちる様子を見せる演出のことをいいます。
最近では結婚式の披露宴や二次会などパーティー会場でもよく行われています。
華やかな演出、会場を盛り上げるシャンパンタワーですが、本当の意味はそれだけではありません!
例えば、どーして結婚式でシャンパンタワーなのか?
ピラミッド状の形には「天に感謝する祈り」を意味し、グラスを一つ一つ積み上げていくことには「人生の歩みを刻むこと」が意味されています。そこに新郎新婦2人でシャンパンを注ぎ、「幸せが満ち溢れるように」と願いが込められているそうです。
最近では小林麻央さんのブログで『シャンパンタワーの法則』を知った方も多いのではないでしょうか。
グラスをこんな風に見立たせていきます。

1番上のグラスを自分自身
2番目のグラスは家族
3番目は友人やスタッフ
4番目はお客様

全体を満たす為には1番上のグラスから注いでいかなければいけません。
自分が満たされることで、その幸せが溢れ出し、その溢れたエネルギーを次に家族へ、次に友人へ、そしてお客様へと注がれていくのです。
支えてもらったり、助けてもらったり、人は一人では生きてはいけません。支えてくれている人に感謝する為にも、まずは自分自身が満たされることです!
結婚披露宴でのシャンパンタワーの演出は華やかの演出のためではなく、そこに込められた意味を知ると、ますます素敵なもに感じられますね^^

法則2